【最終回 浪人1月~受験終了】偏差値35から1年浪人をして上智大学に逆転合格した合格体験記まとめ

こんにちは。クレドアカデミーの渡部です。

この合格体験記も長くなってしまいましたが、

今回で最終回です。

 

まずは第1回から大雑把に振り返ってみましょう。

まだ第1回から読まれていない方で

気になる方は、

第1回~第3回をお読みください

【第1回 受験開始のキッカケ】偏差値35から1年浪人をして上智大学に逆転合格した合格体験記まとめ

【第2回 受験開始~浪人6月】偏差値35から1年浪人をして上智大学に逆転合格した合格体験記まとめ

【第3回 浪人7月~10月】偏差値35から1年浪人をして上智大学に逆転合格した合格体験記まとめ

第1回〜3回のまとめ

第1回のまとめ

ずっと消防士になるという将来像を抱えていたが、

高校野球を引退して、文化祭実行委員になる。

その時好きだった女の子に告白をするが振られ、

ショックの反動で大学受験を決意。

入試制度も大学についても、何も分からない状態で

大学受験の勉強が始まった。

第2回のまとめ【受験開始~浪人6月】

受験勉強を勢いよく始めたは良いものの、

何をすれば良いか分からないので、

とりあえず授業をしないで参考書のみをする塾に入塾。

 

参考書の使い方が分からないが、

不完全なまま参考書を必死に進め、

受験開始から6ヶ月が経過し

英語長文などの音読は数百回するが

偏差値は40程度で成績がなかなか上がらない。

 

このままではまずいので、勉強法を調べ、

得た勉強法で怒涛の追い上げを始める。

第3回のまとめ【浪人7月~10月】

塾には頼らないことを決め、

自ら勉強を調べ7月〜9月まで徹底的に勉強すると

英語と日本史の得点が9割近くまで一気に上昇。

 

塾との関係性は良くなったが、

そこから高慢な考えで受験に取り組み、

伸び悩み始め、受験時代で最も辛い時期を迎えることになる。

第4回のまとめ【浪人10月~12月】

成績が急上昇したことで調子に乗ってしまった結果、

自分なりの勉強法に取り組み、

単語カード4000枚作るも捨て、

成績があがらないので焦って1日18時間勉強をして上智で合格点を取れるようになる。

 

上智で合格点を取れるようになった結果

燃え尽き症候群になり勉強に対するやる気が消滅し、

センター試験を迎えることになる。

_________________________

というのが第1回〜第4回でした。

では、第5回に入っていきましょう。

浪人1月~受験終了まで

もう早く受験終わって欲しい・・・

そんなことを思いながら12月、1月と過ごしていました。

年が明けるとセンター試験は約2週間後

 

勉強しなきゃ〜」とは思いつつ、

でも上智受かるし、ちょっとくらい休んでもいいでしょ

という考えが勝つことで

全く勉強が手に付かなくなってしまいました。

今思えば本当にです。

この文を書きながら心苦しい思いをしています。笑

受験後半期は心が寂しかった

浪人という身分では

普段の話し相手が少ないのです。

受験期後半はあまり塾にも行かなくなったので、

家族以外の話し相手はほとんどいませんでした。

 

勉強以外の時間、家族が旅行に行った時のアルバムをひたすら眺めたりしていましたね。

 

ただ寂しく、話し相手が欲しい。

受験のことを一切気にせずに自由に語り合いたいし、遊びたい。

そんな事ばかり考えていました。

 

振り返ると本当に辛い期間だったなと思います。

たまに友人と会って話しても、

この楽しい時間が終わったら受験勉強をしなければならない

という感覚に追われ、

心から楽しむことができないのです。

 

お正月も家族と過ごし、

それなりに楽しかったのですが、

やはり受験の不安が頭から離れませんでした。

同じ苦しみを味わっていない人からの激励について

受験生活をしていると、

もうすぐ入試だね!頑張って!今までやってきたんだから出来るよ!!

という応援を沢山いただきます。

 

とてもありがたいし、励みになります。

ただ、苦しみは経験した本人や

同等の苦しみを経験をした人にしか分からないものです。

 

同じ立場の受験生や、

共に見守ってくれた先生などに言われると響くのですが、

過程を知らない人に言われてもなぁ・・・

と思ってしまうのです。

 

特に、切羽詰まっている時期だとなおさらです。

 

応援して欲しくないわけではないのですが、

応援がプレッシャーにも変わってしまいます。

だからこそ、

そっと見守って欲しいと思うのです。

 

なかなか難しい問題ですよね。

 

ちなみに僕の母は、

受験勉強に関して、一切口出しをすることはありませんでした。

 

勉強していても、勉強していなくても変わらず接してくれたのです。

心ではとっても心配していたと思うし、

とても応援してくれていたはずです。

 

しかし、それを表現するのをぐっとこらえて、

ひたすら見守ってくれました。

本当に偉大な母です。

感謝してもしきれません。

センター3日前にやっと勉強を再開

センターがいよいよ3日前に控えた時、

やっと「そろそろ勉強するか・・・」ということで

センター模試の過去問を解いてみました。

 

点数は130点

 

これまででは

考えられない点数を叩き出してしまいました。

本当にはやく読めなかったのです。

 

読めるのだけど、本当に遅い。

あまりにも勉強してなさすぎて

英文が読むスピードについていけなかったのです。

 

構文を初めて取れるようになった時のような読み方になってしまいました。

やはり英語は期間を置くと非常にスピード遅くなります。

 

センター3日前で130点という数字を叩き出したものの、

正直あまり焦りはありませんでした。

「まあ、勉強してないからこれくらいだろう」

くらいにしか思っていなかったのです。

 

結局センター前日はゆったりと過ごし、

あまり緊張感の無い中で

ついにセンター試験を迎えることになりました。

センター試験当日

もともとこのセンター試験は

第一志望の上智大学とは関係のない試験だったので、

正直あまり興味はありませんでした。

 

ただ、滑り止めのMARCHに関しては

センター利用でなんとか受かりたいと思っていました。

 

センター当日の気分は模試のような感じでしたね。

 

前日の点数からは考えられないくらい自信があったのです。

今まで十分積み重ねたから。なんとかなる。

 

そう思い、あまり緊張することなく解いていきました。

 

このセンター試験、

かなり淡々と解いて終わりました。

お昼ご飯はあんぱんと水でしたね。

 

本当に模試のような感覚。

国公立受験生に比べ緊張感はありませんでした。

センター試験が終了後「君の名は」を観賞

僕が受験したころ、

映画「君の名は」が非常に流行っていました。

 

センターが終わり次第

絶対君の名はを見に行く!!」ということを決めていたので、

夜19時ごろから観賞。

 

一応お伝えしておくと、

まだ受験期間です笑

 

もう終わった雰囲気ですが、

これからが本番でした。

 

映画が始まって最初の30分は

あーあと2週間くらいで上智だ。マジで頑張らないとな〜。

など考えを巡らしていたため、

あまり映画に集中できませんでした。

 

約2時間後・・・

君の名はの観賞が終わりました。

あ〜感動した・・・。本当に良かった。。

 

実はこの時、

自分が受験生であることを完全に忘れていたのです笑

 

君の名はを観終わって数分後、

あ、やばい、まだ上智の試験残ってた!!勉強しなきゃ!

と焦りましたが、

オムライス専門店で夜ご飯を食べて帰宅をしました。

 

こうしてセンター試験と君の名はを終え、

帰宅し、採点をしました。

センター採点の結果

オムライスを食べると帰宅して

センター試験の採点です。

理想は、

英語・日本史9割、国語7割5分でした、

 

なんとかなれ!」と思い

ドキドキしながら採点してみると、

英語 156点

日本史 81点

国語 145点

 

想定よりも圧倒的に低い点数を取ってしまいました。

少しだけショックでした。

 

ただ、

「まあ直前勉強しなかったからこんなもんだな。最後頑張ろう!!」

ということでかなり前向きに切り替えることができました。

 

というのも、

11月~12月に一度ドン底を味わっていたので

あの時に比べれば大したことないな笑

と思うことができたのです。

ここから約2週間半後に上智大学の試験です。

受験期最後の追い込み勉強

センター前にサボってしまったことを反省し、

センター後はまた人が変わったかのように勉強をしました。

 

日本史は一問一答を中心に。

英語は過去問と問題集の音読。

国語はひたすら過去問。

 

最後の最後はとにかく勉強です。

 

やっぱり勉強している時が一番充実している!!

とはっきり認識しました。

 

だらだらしている時に輝きはなく、

受験勉強に全力で取り組んでいる自分は本当に輝いているな〜と感じました。

 

上智まで近い最後の日々、

もうすぐ受験勉強が終わる!!上智が待っている!!

とすごく前向きに楽しみに勉強していました。

 

不安になった時は

絶対受かる。絶対受かる。絶対受かる・・・」と

何十回も何百回も自分に言い聞かせました。

運を味方にするためのゴミ拾いと皿洗い

センター前、

塾の先生がこんなことを言っていたことを思い出しました。

センターで大失敗した早稲田志望の子が早稲田の試験日までゴミ拾いをしたら合格した

というもの。

 

センターで大失敗とは、得点が6割くらいです。

その話はセンターの前に聞いて

「そんなこともあるんだな〜」という程度にしか思っていませんでした。

 

しかし、直前期

その話と自分がリンクし、

よし!自分もゴミ拾いやろう!ついでに皿も洗っちゃおう!

ということでゴミ拾いと皿洗いが始まりました。

 

バズ停から自宅までの数百メートルの道で、

見えるゴミはとにかく拾いました。

 

びん、缶、タバコ、ビニール、傘、ペットボトル、お菓子などの袋・・・

本当に多様にゴミも存在するな〜

と感じておりました。

 

ある日は市議会議員のお兄さんに

ありがとう」と感謝されました笑

タバコは何百本拾ったか分かりません。

 

家族に対しての感謝も込めて皿洗いもしましたね。

 

ゴミ拾いと皿洗いで

天の神様に認めてもらおう!

と思って真心を込めてやりました。

 

こういう活動をすると

自分自身の精神が清らかになっていくのが分かるのです。

 

こんな良い事してるんだから合格は間違いないな〜

なんてことを思いながらゴミ拾いをしていました。

 

結局、僕の部屋のベランダには

普通のゴミ箱には捨てられないような粗大ゴミも含め大量のゴミが集まることになりました。

上智大学入学試験前日

センターが終わり、

勉強、ゴミ拾い、皿洗いをしていると

上智までの2週間半はあっという間に過ぎ去りました。

 

ついに明日は上智の試験初日です。

やることはやった。ゴミ拾いも皿洗いもした。あとは天命に任せる。

と、前日は復習程度にして切り上げました。

 

「ついに上智。苦しかった受験が終わる。最後は成るように成る。」

そう思いながら、

静かに落ち着いて床につきました、

ついに上智大学の試験

さあ待ちに待った上智大学の試験です。

一般入試のはじめは上智。

滑り止めは第一志望の後に受けることになりました。

 

初日はTEAP利用型の試験。

TEAPという試験を受けておくと

英語が免除された試験を受けることができるのです。

 

この試験は普通の私大の勉強だと対応できないのですが、

試験回数が増えるならばと思って受けたものです。

 

最初の試験はというと

あまり緊張しませんでした。

 

ただ、集中できませんでした。

単純に難しかったというのもありますね。

 

最大の難関は、

試験官の女性が本当に美人だったことです。

恥ずかしい話ですが、

試験を受けるよりも

試験官の方が綺麗だったことに緊張してしまいました笑

 

これは落ちたな〜」と確信。

その他の日程、

総合グローバル学部、経済学部、社会学部と試験を受けました。

第一志望は総合グローバル学部。

2014年ごろに新設された新しい学部です。

いかにも現代チックですよね笑

 

グローバル〇〇と付いていればどこの大学でも魅力的に聞こえるものです。

適度な緊張感で本命の上智入学試験

TEAP型の入試が終わり、

ここから本命の入試の開始です。

 

朝起きて、試験開始1時間前くらいには上智大学へ到着していました。

古き良きと行った教室は

暖房がとても暖かく心地よかったです。

 

試験に受ける際の気持ちとしては

これを受ければ終わり。やることはやったから、しっかり解いて運命に任せよう。

と、ほとんどこれしか考えていませんでした。

 

受かるかどうかはやらなければ分かりません。

適度に緊張をしながらも試験をこなしていきました。

 

第一志望の総合グローバル学部の試験、

ちょいと難しいなぁ〜

という感じで、感覚で落ちたことを確信しました。

 

経済学部(経営学科)と社会学部に関しては

結構簡単な問題多いかも〜

という感じでしたね。

 

どちらかは受かったのではないかと思いました。

 

試験の合間は上智の中を歩きながらゆったりしていました。

ああ〜ここが春から通う母校になるのか

そんなことを思いながら散歩もしました。

 

お昼ご飯はあんぱんとお水。

これはルーティンのような感じでした。

 

上智の試験はトータルして、

難しいものもあれば、簡単なものもある。落ち着いて解けたから何とか受かっているだろう

というものが多かったですね。

 

1年前に難しすぎて爆睡した上智の試験

1年でなんとか戦えるレベルまで

学力を上げられたと思うと感慨深いものがありました。

上智の試験終了&第二志望以下の試験

ついに上智の試験が終わりました。

 

結果は出ていませんが、

もう僕の受験は終わったようなものでした。

 

残りは明治大学と法政大学の2つの大学。

 

正直、本当にやる気が出ませんでした。

第一志望、大本命が終わると、

完全に僕は受験終了モード。

 

明治大学の試験前はかなり夜更かしをしてしまい、

当日は試験直前まで爆睡をしておりました。

 

今思えば反省なのですが、

60分の試験問題を40分で解いて寝るなど、

ほとんどの試験を3分の2程度の時間で

終わらせて寝ておりました。

(他の受験生の皆様に本当に申し訳ない・・・)

 

法政大学の試験に至っては、

受験票を忘れてしまうという失態。

 

受験票を忘れたことが分かると、

試験、ばっくれてしまおうかな・・・。

なんてことも思ったのですが、

結局行きました。

 

あれ、身分証があれば普通に試験受けられるのですね。

これを読んでいる方は、

もしも受験票を忘れるようなことがあっても、

絶対に家には戻らずに試験会場に行きましょう。

 

というわけで法政大学の試験もサクッと受けて、

第二志望以下の試験が終わりました。

 

実は早稲田大学の試験も受ける予定だったのですが、

試験対策をしていなかったことやモチベーションが保てなかったこともあって、結局受験せずに終わりました。

全ての試験が終了し、受験から解放

試験が終わってから、

勉強からは解放されました。

 

受験が終わると不思議なくらい

空が綺麗に見えるのです。

空が綺麗で、空気が美味しい。

目に見える様々なものが、なんだか綺麗に思えるのです。

 

ただ、

この結果がどうなるか分からない期間一番怖いのです。

解放されたのだけど、

解放されていない感じですね。

 

一応専修大学はセンター利用で合格が決まっていたのですが、

まだまだ上智も法政も明治も何も分かりませんでした。

 

受験が終わると

意外と何をすればいいか分からないんですよね。

 

ただ、

もう受験はやりきった

という感覚があったので清々しさがありました。

 

本当に長い受験が終わった。あとは結果のみ。本当に1年間頑張ったなぁ。

自分を褒めたくなりました。

数日後、受験結果

「合格してるかな〜。まあでもここまで頑張ったからどこの大学でもあまり悔いはないな。」

開放感と不安が混ざりながら上智の発表を待ちました。

 

数日後、上智大学の入試結果が出ました。

 

経済学部経営学科 合格

 

おおおお!!!!!

受かったと分かった瞬間叫びました。

まじか!!!!!!えまじ!!!よっしゃ!!

心の底から込み上げる嬉しさは

しばらく止める事ができませんでした。

 

その他の学部は落ちてしまいましたが、

一学部でも受かった事がとにかく嬉しかったですね。

今まで味わったことのない嬉しさでした。

 

本当に、やっと終わった・・・。

 

こうして渡部の長い受験勉強が本当に終わったのです。

 

昨日と変わらないはずなのに、

昨日より空が青く、空気が美味しく感じました。

家族への報告

家族への報告は、

母が

けんすけ(渡部の名前)が上智大学に合格しました。

と報告をしてくれ、

メッセージ上で沢山祝福してくれました。

 

その後は家族で集まって食事をするなど、

とても良い時間を過ごせましたね。

塾・母校の先生への報告

興奮が冷めぬ中、

お世話になった学校の先生と塾の方に報告をしました。

上智受かりました!!!

本当に勉強が出来なかった時期を知っている人たちです。

おおお!!おめでとう!!すごいね!

ぎゅっと抱きしめてくれる先生が多かったです。

 

お前じゃ無理だ」と言っていた先生も祝福してくれました。

もうこうなると、

過去にどんな反応をしていようが関係なく嬉しかったですね。

共に苦労した受験仲間との語り合い

受験を乗り越えるに当たって、

いつも孤独でした。

ただ、母校の同級生も共に浪人していたのです。

塾で共にしていた浪人仲間の存在も大きかったですね。

 

受験中、たまに語り合う時は

この楽しい話が終わった後は勉強に戻らなければならない

と考えながら離していたので、

いつも緊張感がありました。

 

ただ受験が終われば時間を気にせず、

本当に好きなだけ話すことができます。

 

 

母の合格に対する反応

この受験、最も僕を支えてくれた母は、

合格したよ!

という報告に対して、

いや〜良かったね。おめでとう。

と褒めの言葉をくれました。

 

僕としては、

あれ、意外と反応が薄いぞ?

と感じました。

 

意外と無関心だったのかなーと思っていると、

兄弟から

「お母さん、めちゃくちゃ喜んでるよ。”息子が上智受かった!”って色んな人に自慢してるよ笑」

と言われたのです。

 

うちの母はシャイなので、

本人の前では手放しで喜んでいなかったのです。

ただ、

僕が知らないところでは

すごく喜んでいてくれたのですね。

 

受験期間、陰ながら応援してくれ、

一番心配していながらも

何も言わずにいてくれた母には本当に感謝ですね。

 

母が喜んでくれたのは本当に嬉しかったです。

長い受験が終わり大学へ

高校3年の冬に大学受験を決心してからの浪人の1年間は長かったですね。

後半は「早く終われ」としか思っていませんでした。

 

ただ、人生で全てを捨ててここまで勉強に集中したことはなかったので本当に充実した1年でしたね。

 

本当に苦しい中で頑張ったな」という経験が一つあるだけで全然違いますね。

 

受験に取り組んで良かったと心から思っています。

関わってくださった方には感謝しかありません。

 

大学ではボランティア活動、

ヒッチハイク、バイト、様々な交流、

海外旅行、勉強と様々なことに取り組むようになりました。

 

今は会社経営をしていますが、

やはり多くの支え合ってこそだなと感じますね。

まとめとこれからの人生

合格体験記を書きましたが、

本当に長くなってしまいました。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

 

元々は専門学校へ行って消防士になろうと思っていましたが、

今では大学へ行き、会社経営をするようになりました。

 

人生が完全に変わりました。

もちろん、

受験をしなくとも別の道で頑張ることで充実した時間を過ごせていたと思います。

 

ただ、自分の心の奥底に

「大学行ったり、経営をしてみたい」

という思いがあり、

その考えを尊重して良かったと感じました。

 

また、僕の家庭の状況で

大学受験や浪人が可能だったこと

塾に通わせてもらえたこと

勉強法をネットで公開してくれる人がいたこと

母が何も言わないでくれたこと

 

僕の力では到底どうすることもできない

様々な協力やサポートがあってこその合格でした。

 

会社を経営していると、

一人の力ではどうしようもできないという事が良く分かります。

見える分野、見えない分野関係なく

必ずサポートが必要であり、

一人の力ではなく誰かの力が必要になるのです。

 

今後は僕自身が受けた多くの恩恵を

様々な人に返していきたいと思います。

 

これから受験勉強をする皆さん、

受験は期間が決まっていますので、

諦めずに最後まで続けてみてください。

 

良くても悪くても必ず得られるものがあるでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

クレドアカデミーについて

<オンライン大学受験指導塾 Credo academyについて>

全国どこでも受講可能なオンライン指導塾 Credo academy(クレドアカデミー)

偏差値が30、40台からでも一つ一つの勉強をこなしていけば成績が上がる受験指導カリキュラムを元にマンツーマンで目標設定から計画まで一緒に考えてサポートします!

クレドアカデミー の指導方法ついての説明記事はこちらです▼

クレドアカデミーのオンライン指導についての紹介

============================
★受験の役立ち情報をLINE@で配信しています!

受験に関する悩み、どのように受験勉強をしたら良いのかなどの無料相談もこちらからお気軽にどうぞ!

友達追加して相談する
============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です