【第4回 浪人10月~12月】偏差値35から1年浪人をして上智大学に逆転合格した合格体験記まとめ

こんにちは。クレドアカデミー の渡部です。

上智大学に合格するまでの合格体験記を残そうと思い、

第1回から第3回まで書いてきました。

まだ第一回を読まれていない方で

気になる方は、

第1回~3回をお読みください

【第1回 受験開始のキッカケ】偏差値35から1年浪人をして上智大学に逆転合格した合格体験記まとめ

【第2回 受験開始~浪人6月】偏差値35から1年浪人をして上智大学に逆転合格した合格体験記まとめ

【第3回 浪人7月~10月】偏差値35から1年浪人をして上智大学に逆転合格した合格体験記まとめ

第1回〜3回のまとめ

第1回のまとめ

ずっと消防士になるという将来像を抱えていたが、

高校野球を引退して、文化祭実行委員になる。

その時好きだった女の子に告白をするが振られ、

ショックの反動で大学受験を決意。

入試制度も大学についても、何も分からない状態で

大学受験の勉強が始まった。

第2回のまとめ【受験開始~浪人6月】

受験勉強を勢いよく始めたは良いものの、

何をすれば良いか分からないので、

とりあえず授業をしないで参考書のみをする塾に入塾。

 

参考書の使い方が分からないが、

不完全なまま参考書を必死に進め、

受験開始から6ヶ月が経過し

英語長文などの音読は数百回するが

偏差値は40程度で成績がなかなか上がらない。

 

このままではまずいので、勉強法を調べ、

得た勉強法で怒涛の追い上げを始める。

第3回のまとめ【浪人7月~10月】

塾には頼らないことを決め、

自ら勉強を調べ7月〜9月まで徹底的に勉強すると

英語と日本史の得点が9割近くまで一気に上昇。

 

塾との関係性は良くなったが、

そこから高慢な考えで受験に取り組み、

伸び悩み始め、受験時代で最も辛い時期を迎えることになる。

_________________________

というのが第1回〜第3回でした。

では、第4回に入っていきましょう。

浪人時代10月~1月まで

停滞していく成績

受験勉強で何よりも大切なのは時間ですが、

僕は受験勉強の時間の約半分くらい

無駄にしたと思っています。

 

伸びない勉強や、

作業だけの勉強をひたすらやっていたのです。

浪人の10月からの勉強は、

無意味だった勉強をひたすら振り返ってみようと思います。

10月、上智の過去問に歯が立たない

実は、8月ごろに一度上智の過去問を解いたことがあるのですが、

意味が分からなさすぎて過去問を解きながら寝てしまったのです。

 

そんな状態から2ヶ月ほどで

一気に急上昇したわけです。

 

というわけで、

自信がついたので上智の過去問を解いてみることにしました。

 

よっしゃ!解くぞ!これで合格点取れたらもう安泰だ!

と少しの緊張とともに過去問を解いていきました。

 

最初、英語を解いたのですが、

「分からん・・・ちょっと読めるけど分からん・・・」

という状態でした。

 

センターレベルで9割取れるようになったくらいでは、

上智には全く対応できなかったのです。

点数で言えば、100点中40点くらい。

 

はじめの頃からしたら大成長ですが、

まだまだこれでは合格できるはずがありませんでした。

センター模試も8割程度の得点に落ちる

成績を上げたことで、

「センター9割は普通だし余裕だな〜♪」

なんてことを思っていたのですが、

いざ模試を解いてみると、

160点ほどしか点数が取れなくなってしまいました。

 

時期は10月の後半でした。

「あれ、思ったよりもできてない。基礎が足りないのかな。単語がダメなのか?」

様々考えましたが、

結局答えが出ず、ここから一気に

時間の無駄となる勉強を始めていきます。

 

今考えれば、

それまでやってきた勉強をより極めれば

成績は上がったということがわかりますが、

当時は何も分からず、ただ不安でした。

単語カードでの勉強法最強説を鵜呑みに

浪人の10月末ごろから一気に無駄な勉強を開始するのですが、

まず最初に取り組んだのは

単語カードを使った勉強法」でした。

覚えていない知識を単語カードにまとめて、

毎日繰り返しながら覚えていくというものです。

 

この勉強法、正しく実践すればとっても良いものです。

しかし僕は量を間違えてしまったのです。

シス単の単語カードを購入する

「成績が上がらないのは覚えていない単語があるからかもしれない」

と考えた僕は、当時使っていたシステム英単語の単語カードを購入します。

単語カードを使った勉強開始です。

 

よし!やるぞ!

と決心して購入したものの、

まず単語カードを切り離すのがめんどくさい。。

となってしまったのです。

 

2000単語近くあるものがまとめられ、

繋がっている1枚の紙を切り離すことで単語カードとなるのですが、

あまりにも量が膨大で個別に切り離すことが大変だったのです。

ペラペラめくれないので使いにくく挫折

なんとか単語カードを1枚ずつにしてみたのですが、

ペラペラとスピードをもってめくることができませんでした。

 

1秒1単語で進みたいのに、

紙と紙がくっついてしまうので、

結局は時間がかかってしまったのです。

 

やってもストレスがかかるだけなので、

結局使うことをやめてしまいました。

時間もお金も無駄にしたな〜と感じましたね。

自分の単語カードを作ろうと決心

システム英単語のカード購入は失敗してしまいました。

「それなら自分で作ろう!!」

ということで、単語カードを作っていきました。

 

内容は、

  • 覚えていない単語
  • 覚えていない熟語
  • ネクステージの語彙
  • 覚えていない一問一答の範囲

というものでした。

 

単語、熟語はまだ良かったのですが、

当時一問一答をおろそかにしていたため

うろ覚えの箇所がいくつもあったのです。

 

「この覚えていないものを全て覚えきれば俺の受験の知識は完璧になる!」

そう信じて必死に作りました。

単語カードを買いすぎて業者かと思われる

当時、ひたすら単語カードを作るため、

文房具屋さんにあるものを買い占めていました。

40枚ほどのセットを1回の買い物で20束ほど購入するのです。

 

あまりにも大量に買うので、

店員さんは僕に

領収書は必要でしょうか・・・?

と聞いてくれました。

 

どこかの会社でお遣いを頼まれた人だと思ったのです。

丁寧にお断りして帰宅しました。

一気に4000枚もの単語カードを作ってしまう

単語カードは深夜まで作り続けました。

当時、ラジオを聴きながら単語カードを作るのがとても好きだったのです。

 

もはや勉強でもなんでもありませんが、

ただラジオが面白く

「単語カードを作るという勉強をしているんだから、ラジオは今の時間聞いても良いでしょ」

という考えだったのです笑

 

結局何十時間もかけて、

4000枚近くの単語カードを作成しました。

 

かなりの割合を日本史の一問一答のカードが占めたと思います。

量が膨大すぎて結局使わず

「全部終わったー!!」

と思うと同時に、

4000枚も作ったけど、どこから手を出せば良いか分からん・・・」

となってしまったのです。

 

そもそも、日本史の一問一答は

単語カードにするにしては文が長いのです。

 

あまり綺麗でない単語カードの字を見ながら

長い文を読んで暗記するのは気分が乗りませんでした。

 

ひたすら作り続けた結果、

全ての単語カードを封印することになってしまいました。

 

あまりにも膨大な量で、

確認もしにくい。

なんなら参考書使ったほうが圧倒的に早い。

 

こういった理由から、多くのお金と時間をかけた単語カードはほとんど使われることがありませんでした。

日本史でも無駄な勉強

一問一答を手放し、問題集に手を出す

単語カードを作っているのと同時期、

日本史でも勉強法が悪く変化してしまいました。

 

センター日本史で9割程度取れたことで、

「俺日本史いけるわ!」

と思い、問題集に手を出してしまったのです。

 

私立大学の日本史は知識量がそのまま得点に結びつきますので、

しっかりと暗記することが大事なのですが、

一問一答で暗記することを怠り、

問題集に手を出してしまったのです。

(問題集が悪いわけではありませんが、知識が定着していない中で参考書を変えても成績は上がらないのです。)

 

とにかく実力をつける100題を

毎日何時間もかけて解いていきました。

用語の知識が足りず、点が伸びない

実力をつける100題では、それなりに実力がつきました。

でも、肝心の上智大学の過去問では

細かい知識の方が重要なのです。

 

もちろん国公立志望などであれば話は変わってきますが、志望校に受かるための勉強をしなくてはなりません。

 

当時は当時で必死でした。

どうしたら成績が上がるのか、

どうしたら上智に受かることができるのか。

 

あれこれ考えでやることを決めていましたが

結局どれも上手くいかないことが多かったですね。

 

やはり、先人が

「こうしたら成績は上がるよ!」

と教えてくれたことを徹底することが一番なのだと感じました。

どこかのタイミングで成績は上がると思っていた

受験も後半に差し掛かってきた11月頃、

成績は偏差値60程度で

センターで言えば8割〜9割程度でした。

上智大学に関してはまだまだと言ったところ。

 

受験開始の時期に比べれば

考えられないくらい成長していました。

 

しかし、まだまだ志望校の上智大学には届きません。

 

それでも心の中ではこんなことを思っていました。

今のままひたすら勉強していれば年末くらいで上智は届くはず

 

この考え、僕がすごく苦しんだ受験前半期と同じ考えなんですよね。

いつか伸びるだろう精神」はいつまでも伸びません。

というわけで、

無駄な勉強を含めてどんどん苦しむことになります。

11月末の模試で受験期最大限の焦り

「勉強はしてるからいつか成績は上がる」

そんなことを思っていた11月末、

受験期最大の焦りのキッカケとなる模試を迎えます。

 

だんだんと寒く、

受験が近づいてきたと感じる11月。

 

この時期は、すべての科目をしっかり勉強していたので、

英語と日本史は9割余裕。国語は7割5分くらい

と予想して、

自信満々で模試を受けました。

 

試験は難なくこなし、家に帰って自己採点

結果は、

英語と日本史が8割という結果でした。

国語に関しては6割

 

これでは上智はもとより、

マーチの他の大学でも受からない成績です。

 

本当に焦りました。

 

やばい。落ちるかも。どうしよう。でももう時間ない。あーやばい。あんなにみんなに宣言して落ちるのはきつい。

とにかくネガティブな言葉が頭を回り続けるのです。

参考書を読んでも、何も頭に入らない

不安で押しつぶされそうになったので、

とにかく勉強するしかない!

と思って日本史の一問一答やネクステージを開きました。

 

とにかく、勉強。

頭に入れなければ。

そう思って読もうとするのですが、

頭が真っ白になって何も情報が入ってこないのです。

 

食事も摂りたいと思えませんでした。

2日ほど、不安で押しつぶされそうになり、

受験をやめたくなりました。

 

それでも

「今までこれだけ受験してきたのだから最後までやろう

と思い、受験を投げ出すことはしませんでした。

受験に対する考えの変化

元々受験を始めるようになったきっかけが

大好きだった女の子に振られたことや、

周りの人に「渡部じゃ無理だ」と言われたことなど

反骨心でやっていました。

 

しかしこの時は明確に

「今まで全てを捧げてやってきたし、応援してくれる人もいるから頑張ろう。」

と考えるようになったのです。

 

もちろん、

多くの人に宣言したこともあって

落ちたくないという思いもありましたが、

ここまで突き詰めで勉強をすると

周りの人の目はあまり気にならないのです。

 

また、応援してくれる人もできました。

 

反骨心とは違った思いが芽生えたことで、

「最後だし、もう死ぬくらい頑張ってみよう

そう決心をして苦しい受験を最後までしようと決心したのです。

ある本との出会い

季節は12月2日でした。

もうクヨクヨしてても成績は上がらん。勉強しないと現状は何も変わらない。

そう思った僕は、

これからやる勉強方法と勉強に対するモチベーションを得るために、本屋へ向かいました。

 

そこで出会った本が

限界突破勉強法」というものでした。

大学受験のミスターステップアップという塾が出版している本ですね。

南極老人という方の勉強法が出てくる本なのですが、

知っている人もいるのではないでしょうか。

 

これを本屋でひたすら立ち読み。

 

また「E判定からの大逆転勉強法

というものも買ってその日のうちに読みました。

 

追い込まれていたこの時は

本にとても助けられました。

 

ここで気合いを入れて

再び怒涛の受験勉強が始まります。

勉強の誘惑を断つためにスマホを水没させる

「ここから徹底的に勉強してやる!!」

と家に帰り決心した僕は、

まずスマホを捨てる決心をします。

 

浪人が始まるタイミングでスマホを解約し、

基本的な誘惑物は全て排除していましたが。

 

しかし

WIFI環境があればスマホを使うことができたため、

結局家でいじってしまうことが多かったのです。

 

「もうスマホは受験が終わるまで触らない」

と決心して、携帯を水没させることを決めました。

親に預けるという選択肢もあったのですが、

完全に決別しようと思ったのです。

なかなか壊れてくれず共に風呂に入る

決心してからは早かったですね。

まずばバケツに水を溜めて携帯を突っ込みました。

 

しかし、、、

普通に動かせてしまうのです。

 

だんだん申し訳なくなってきました。

お前は悪くないのにごめんな・・・

そんなことを話していましたね。

 

しかし、当時使っていたリンゴマークのスマホは

壊れる気配がありません。

 

僕はだんだん怖くなってきました。

本当に壊れない。どうしよう。」

 

そう考えるうちに、最終手段を思いつきます。

一緒にお風呂に入ってしまおう。

 

お湯張りモードにして20分ほど待ちました。

 

20分後

♪♪♪お風呂が沸きました♪♪♪

当時の僕にはなんとも不気味な音に聞こえました。

 

「お前は本当に悪くないのに俺のせいでごめんな。。」

そう思いながら入浴。

 

約10分経過。

やはり動くのです。

 

本格的に恐ろしくなりましたが、

覚悟を決めて向き合い続けました。

動かなくなるスマホと突然現れたリンゴマーク

15分ほど経過すると、

画面が反応しなくなりました。

 

しかし、依然として画面は光続けます。

僕はただただ向き合い続けました。

 

スマホの画面は光続けましたが

充電のパーセンテージは減っていくのです。

 

約40分後

充電が1%となり、ついに画面が真っ暗に。

 

「終わった・・・」

 

そう思った瞬間、

画面が突然明るくなったのです。

ピカーン!!!

 

あのかじりかけリンゴマークがお風呂の中に現れました。

 

僕は恐ろしすぎて叫んでしまいました。

うわ!!!ごめんなさい!!

呪われた感じがしましたね。

 

これはスマホが完全に亡くなってしまう前の

最後のもがきでした。

 

結局、7回ほど付いては消えてを繰り返すと

完全に画面が真っ暗になり、

スマホは使えなくなりました。

 

60分が数時間にも感じる長い戦いでしたが、

これで完全に誘惑物とは縁を切ることになり、

決心をして受験期最後の追い込みに入ります。

約2週間 1日18時間勉強

12月3日

多少の不安はありながらも完全に決心をして最後の追い込みに入ります。

どうせやるなら死ぬくらいやろう!受験後にネタにもなるし良いでしょ!

そんなことを考えながら、

この12月で使う参考書を基礎から揃えて徹底的にやっていきました。

 

 

絶対に受かる。絶対受かる。

このように自己暗示をかけながら毎日の勉強に励みました。

 

毎日の予定としては

朝7時から12時まで勉強

13時〜22時まで塾で勉強

24時〜翌3時まで24時間営業カフェで勉強。

 

結局1日18時間、

睡眠時間は3時間程度で

2週間勉強しました。

 

完全に吹っ切れて受験勉強に取り組むと

不安も何もなくなるのです。

 

あまりにも眠くて寝てしまうこともありましたが、

前までの不安が嘘かのように、

当時を思い出すと恐ろしいほどに勉強をしました。

成績が上がり、見えてきた上智合格

約2週間。

勉強内容はひたすら基礎でした。

英語は基礎長文から始まり、応用へと移りました。

 

基礎固めを徹底した後、

もう一度上智の過去問を解いてみました。

 

すると、英語と日本史が

75点(100点満点)

という結果が出たのです。

国語も7割ほど。

 

だいたい私立大学の合格最低点が7割程度なので、

ついに上智の合格点に手が届くようになったのです

 

よし!!上がった!よーし!!

塾の自習室で、心の中で叫びました。

本当に今まで頑張ってよかったと思いましたね。

 

この結果を塾の先生に報告。

合格をしたかのように一緒に喜んでくれました。

 

いよいよ上智が見えてきた!!

一番苦しい時期でしたが、

乗り越えたことで本当に希望に溢れていました。

失われた受験へのモチベーション

12月の2週間、

極的に勉強をしたわけですが、

同時に問題が発生しました。

 

勉強に本気で取り組みすぎたことで

燃え尽き症候群にかかってしまったのです。

 

あぁ、もう上智受かる・・・大丈夫

そんなことを思いながら徐々に塾の自習室へ行かなくなりました。

 

上智に受かるための安心感と共に

緊張感から解き放たれたことで

勉強に対するモチベーションが一気に下がってしまったのです。

 

結局年末の10日間ほどは、

家でダラけてしまう日々。

勉強しなきゃ」とは思いつつ体が動かないのです。

 

季節は真冬。

外は寒く、家は暖かいのですが、

僕の心は冷え切っていました。

 

もう早く受験終わってくれ

ということしか考えられなくなりました。

 

旅行で楽しむ家族アルバムを見たり、

封印していた漫画を読んだり、

家族のパソコンを使って動画を見たりと

完全に人が変わってしまったような生活を送っていたのです。

 

ここから年を越して、

センター試験が近づいてきます。

 

今回はここまで!

 

ここから受験期最後の2ヶ月

どのような結果になったかは

また次回お話していきたいと思います。

 

次回に続く…

クレドアカデミーについて

<オンライン大学受験指導塾 Credo academyについて>

全国どこでも受講可能なオンライン指導塾 Credo academy(クレドアカデミー)

偏差値が30、40台からでも一つ一つの勉強をこなしていけば成績が上がる受験指導カリキュラムを元にマンツーマンで目標設定から計画まで一緒に考えてサポートします!

クレドアカデミー の指導方法ついての説明記事はこちらです▼

クレドアカデミーのオンライン指導についての紹介

============================
★受験の役立ち情報をLINE@で配信しています!

受験に関する悩み、どのように受験勉強をしたら良いのかなどの無料相談もこちらからお気軽にどうぞ!

友達追加して相談する
============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です