【現代文】ことばはチカラダの効果的な使い方

今回はことばはチカラダの紹介をしていこうと思います。

分かりやすい参考書ではあるのだけど、

いまいち使い方が分からないという声が多い

この参考書ですが、

使い方が分かればスッキリ集中できると思います。

他の現代文の用語集の中では

かなり易しく分かりやすく書かれている参考書であり

現代文の背景について学べる参考書となっています。

1冊、音読などをして理解をすれば硬い現代文のイメージが変わるでしょう。

現代文の伸ばし方について

まず現代文の伸ばし方の全体像について語ろうと思います。

現代文の伸ばし方は大きく分けて3つです。

  • 語彙力を伸ばす
  • 要約力を伸ばす
  • 解答力を伸ばす

これらがバランスよくつけば現代文の力は伸びます。

語彙力漢字練習の参考書や、キーワード系の参考書でつけ、

要約力は、キーワード系の参考書問題集でつけ、

解答力問題集過去問でつけることができます。

動画を作成したので、詳しい内容が気になる方は動画をご覧ください。

参考書の内容

今回は現代文の伸ばし方の

「語彙力」の部分です。

ことばはチカラダはどんな参考書かというと

大学入試現代文に出てくる重要用語が

頻出度順に紹介されている

キーワード系の参考書です。

 

現代文の語彙力を上げるためには、

ただ漢字の書きや読み問題に対応するだけでなく、

一つ一つの漢字の意味を捉えながら

語彙力を上げていく必要があります

 

漢字の使用例として使われている文を

音読しながら理解し、漢字一字一字の意味を

捉えていく必要があります。

使い始めるタイミングと終了までの期間

使い始めるタイミング:現代文の勉強を始めると同時

終了までの期間:約1ヶ月

1週間の量:1周音読

1ヶ月程度で終わらせはしますが、

隙間時間で定期的に読むようにしてください。

その後受験の最後まで復習し続けてください。

使い方

例として出ている文を丸々音読してください。

毎日10~20ページを1ヶ月ほど続けましょう。

全ての用語の意味を「理解」してください。

完全に説明できる必要はありません。

 

現代文で知っている漢字だとしても意味が分からなければ、

問題に正確に答えることができないのです。

 

だからこそ

「用語は書けて読めるだけ」ではダメなのです。

意味をしっかり理解して使えるようになりましょう。

漢字の意味を正確に掴めるかで現代文の成績は変わる

現代文というと、

解法テクニック」などが注目されがちですが、

そもそも語彙力が無くて、

意味が分からなければ、

解法も何もありません。

 

解法は、ある程度文を理解してこそのものです。

漢字は適当にされがちなので、

まずは意味をしっかり理解して、

その後書ける、読めるようにしていきましょう。

クレドアカデミーについて

<オンライン大学受験指導塾 Credo academyについて>

全国どこでも受講可能なオンライン指導塾 Credo academy(クレドアカデミー)

偏差値が30、40台からでも一つ一つの勉強をこなしていけば成績が上がる受験指導カリキュラムを元にマンツーマンで目標設定から計画まで一緒に考えてサポートします!

クレドアカデミー の指導方法ついての説明記事はこちらです▼

クレドアカデミーのオンライン指導についての紹介

============================
★受験の役立ち情報をLINE@で配信しています!

受験に関する悩み、どのように受験勉強をしたら良いのかなどの無料相談もこちらからお気軽にどうぞ!

友達追加して相談する
============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です