速読英熟語の長文をひたすら読んだ受験生の変化

こんにちは。クレドアカデミー の渡部です。

受験生と話していると

「このままで成績が伸びるのか不安です」

という言葉をよくもらいます。

 

特に単語、熟語、文法といった基礎を固めている受験生ですね。

この基礎固めの時期は、とことん地味。

とにかく地味に覚えるしかないんです。

 

で、実際に長文を読んでみると

全く読めない!!

となって焦ってしまう訳です。

 

この考えは普通なので、今これで葛藤している受験生は一切気にする必要はないので安心してくださいね。

 

英語は伸びた!と感じるときは

単語→熟語→文法→解釈→基礎長文

がひと通りできるようになってからです。

逆に、英文解釈まで進んだとしても、意外と成績は伸びません。

英文解釈が終わって基礎長文も終わった!

というタイミングで

やっと「あ、英語読めるようになってきた」と感じるのです。

 

なので、今基礎固めをしている皆さん、安心してください。

その基礎は必ず最後に絶対的に必要なものとして生きてくるので、

変に飛ばそうとせずに確実に覚えていきましょう。

速読英熟語の長文を隙間時間でひたすら読んだ受験生

最近、指導をしている子が速読英熟語を読んでいます。

こんな感じのやつです。

熟語帳なんだけれども、センターレベルくらいの長文も付いている。

単語、熟語、文法、英文解釈と進んで、

基礎長文として速読英熟語を読むようになったのです。

 

ひと通り、構文と訳を意識しながら読んで、

読めるようになったら、あとは電車などの隙間時間で読みまくる。

 

どれくらい読むかというと

1日20〜30長文くらい。

慣れれば1ページ2.3分で読めるようになるので、

30長文読んでも1時間〜1時間半なんですよね。

 

これを毎日の移動時間や隙間時間でひたすら続けたら

センター英語が6割くらいから、

いきなり9割も取れるようになってしまったのです。

それの報告をしてくれました。

 

もちろん、

単語、熟語、文法、英文解釈という基礎をみっちりやったからこそです。

 

彼はここから速読英熟語のCD聞き流しと音読を始めると思いますが、

そうなったら速読力も精読力も一層付いて、

相当な英語力を身につけていくと思います。

伝えたいこと

今回伝えたいことは、

速読英熟語を読め!!

などという話ではなくて、

ちゃんと基礎を固めて基礎長文に取り組めば英語は絶対読めるようになる

ということです。

 

まだまだ成績が伸びていなくとも、

焦らずに一つ一つこなしていきましょう。

 

どんな科目でもそうです。

基礎から確実に。

これを意識して、

焦らずに、少し急いで勉強を進めてほしいなと思います。

相談はLINE@やメールでしているのでお気軽にしてくださいね。

ではでは。

クレドアカデミーについて

<オンライン大学受験指導塾 Credo academyについて>

全国どこでも受講可能なオンライン指導塾 Credo academy(クレドアカデミー)

偏差値が30、40台からでも一つ一つの勉強をこなしていけば成績が上がる受験指導カリキュラムを元にマンツーマンで目標設定から計画まで一緒に考えてサポートします!

クレドアカデミー の指導方法ついての説明記事はこちらです▼

クレドアカデミーのオンライン指導についての紹介

============================
★受験の役立ち情報をLINE@で配信しています!

受験に関する悩み、どのように受験勉強をしたら良いのかなどの無料相談もこちらからお気軽にどうぞ!

友達追加して相談する
============================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です